廃墟、家

703名前:
あなたのうしろに名無しさんが・・・投稿日:03/10/12 20:58
私の家の近所、数軒先に先日まで空き家だった家があります。もう築30年程たつ古い家です。

昨年、前の持ち主が他界されたので売りに出されておりました。その家にまつわる話です。

前の前の持ち主、Kさんはごくごく一般的な家庭。両親と中学生の娘の3人暮らしでした。

娘さんは少々神経過敏なところがあり、中学に上がってから、親との衝突が絶えなかったようです。

そして15歳になった夏、いつものように親子ゲンカした娘は風呂場で手首を〇って狂言自殺を図りました。

風呂に入り手首を〇り・・・そして貧血のため意識を失ったようです。30年前ですから、今のようなお湯を入れて終わり、という風呂ではありません。ガス風呂です。

娘は真っ赤に染まった風呂の中で湯だった状態で発見され、体中ふ〇けていたそうです。

Kさんはその事件の後、すぐに引っ越されました。


704名前:703続き投稿日:03/10/12 21:07
Kさんが引越した後、今度はIさん一家が引越ししてきました。Iさん一家は両親、大学在学中の兄、中学生の娘の4人一家。

兄は市外の大学だったため、夏休み以外はほとんど家に帰ることはなかったようです。中学生の娘は大人しく、親に従順な子だったそうです。

その娘が15歳の夏、体育の授業で跳び箱に失敗し頭から落ち、脳内出血で亡くなりました。

原因は友人が壊れていた跳び箱をよくおさえていなかったからだと、母親は娘の友人を恨んでいたようです。

このころ私の母親も、I家を訪れる娘の友人の姿をよく見たそうです。

そして半年後、今度は母親が骨肉種を患い、最後は眼球、鼻、唇など全ておかされたため、手術で〇り取り、まるでのっぺらぼうのようになって亡くなったそうです。

そして、その母親の死後から一年もたたないうちにI家のご主人は友人の紹介で後家さんをもらうことになりました。


705名前:703続き投稿日:03/10/12 21:19
後家さんをもらったI家ですが、後家さんは中々明るい方で近所付き合いも上手。

息子ともうまくやっているようで、この家の住人も今度こそ落ち着くだろうと近所の人々は安心しておりました。

しかし、結婚して一年後。

後家さんは風呂場でガス中毒(鳥が巣を作っていたため)で倒れ、K家の娘のように湯船の中で湯だった状態で発見されたのです。

当時私は幼かったのですが、救急車とその家との雰囲気をはっきりと覚えています。まがまがしい・・・異様な。

近所では噂が立ちました。あの家に住む女性はみんな死ぬ。

亡くなった後家さんに至っては、K家の娘と同じ状態で発見されたため、娘の呪いかもしれないと囁かれました。

いつしか噂は町内の外にも漏れ、近隣住民では誰も知らぬ者はいないほどの有名な家となりました。

I家のご主人はそれからもこの不名誉な噂がたった家にずっと住み続けました。

20余年の歳月が流れ、住民の様子も変わり古くから住んでいるものも、噂を口にすることがなくなっていました。


706名前:703続き投稿日:03/10/12 21:29
そして昨年、I氏は亡くなりました。

息子さんが家を売りに出したのは今年になってからでした。

古いということと、家の雰囲気がどことなく暗いことから買い手がなかなかつかない様子でしたが、今年の夏、町内の貸家(かしいえ)に入っていた一家の引越しが決まりました。

一家は4人。家中の明かりを点して、今まで暗かった空き家にすっかり活気が戻ったように見えます。

しかし・・・。
古くから住んでいる町内の者は皆息を潜めて事の成り行きを見守っているのです。

なぜなら、一家の娘は現在14歳。来年は15歳。あの家に住んだ娘は16歳になれないからです。





転載元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?55