【不気味】無言の母親

248
あなたのうしろに名無しさんが・・・sage02/08/2219:07
中学時代の話。

夜9時ごろ、2階の居間でTVを見ていた。

居間の隣はすぐ廊下で、その廊下のドンつきに机が置いてあって、ガラスの障子を挟んで居間のTVが置いてあるので、TVの正面に居ると机も見えるし、振り向くと階段も見える。

その時は別に振り向かなかったのだけど、階段を上がってくる気配がして、ふと横を見ると、母が机の前に居て、何か探しているようだった。

自分は母親に、何を探しているのかと聞いたけど、母は無言。
なんだぁ?と思いつつ、またTVを見ていたのだけど、目の端に写る母がまだ普段着のままなので、

「まだお風呂に入らないの?」

と聞いた(母はいつもその時間、入浴していたので)。
やはり無言。

変なのーと思っていたら、母はそのまんま階段を下りていってしまった
(それは振り返って、降りていく姿を確認した)

それから5分も経たないうち、母がパジャマ姿で

「あーサッパリした」

とかなんとか言いながら、再び階段を上がってきた。

「あれ????もう入ったの?ついさっき2階に上がってきたよね?」

と聞くと

「何言ってんの?夕飯後、一度も2階には来てないよ?」と・・・。

自分は母が自分をダマしてると思ったので、

「すぐそこで机のものを何か探してたじゃん!」

とか

「声を掛けたけど知らん顔してたくせに」

とか、いろいろ言いつのったけど、母はキョトンとした顔で知らないと言うばかり。

母が言うには、もう20分以上前から、風呂に居たと。

それで気が付いたんだけど、自分が見た母は、確かに母の持ってる服を着てはいたけれど、その日に母が着ていた服とは違うものを着ていたんだよね。

妙に手の込んだダマされ方をしたと考えてもいいんだけど、わざわざ違う服に着替えて、2階に上がって探し物をしてるフリしてまた降りていって2,3分で風呂に入って出てくるってのも変な話だし、自分は確かに母の姿を見たし、20年近く経った今でもホントに不思議。

無駄に長くてスマソ


転載元:死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?