パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

街灯

多分心霊じゃないけど、実体験なので、投下してみる。

去年の夏の話。友達とレンタカー借りて海に行った帰り、まだ車を返すまでには時間があったから、適当な場所に車を止めてしゃべってようってなった。

大きなメイン道路に歩道をはさんで住宅地があるような場所で、歩道脇に車を止めた。時間はたぶん夜の9時すぎくらいだったと思う。

外はもちろん真っ暗だったけど、外灯の明かりはあったから、人が歩道を歩いていたらわかるような状態。
続きを読む

電車

三年前の話。当時21歳の俺は、高卒で就職して3年目に突入していた。

その会社がいわゆるブラック企業で、技術系に配属された俺は月1~2休暇の毎日が8時出勤、ほとんど毎日終電帰りという状態で、かなり疲れていたので今思うと、幻覚、幻聴の類だったのかもしれないと思う。

その日も、現場での仕事を終えて会社で資料を整理。結局資料はまとめきれず、しかし家には帰りたかったので終電で帰宅しようとした。するとその日は遅延が発生していたらしく終電ではなかった。

人のまばらな電車で毎日同じ時間、同じ車両に乗り続けていると、ある程度見知った顔ぶれというものができる。目が合っても会釈もしない関係だが「この人も毎日遅くまで大変だな」くらいにはお互い思っている事だろう。
続きを読む

手術

怖いか怖くないかは置いといて、友人から風邪が長引いてるからどこか良い病院を知らないかと聞かれて、飲み屋のオバチャンの話を思い出したわ。

飲み屋も不景気らしく、昼間は病院で清掃のアルバイトをしていて、たまにオペ後の清掃もやるらしく、その現場を見て愕然としたらしい。
続きを読む

ビル

俺は現在小さいながら、安定した会社で働いてるんだけど、前の会社が倒産した後、就職がなかなか決まらず、つなぎでバイトすることにしたんだ。

ポスティングのバイトなんだけど、普通の家とかに配ったりするのではなく、雑居ビル(スナックとかキャバクラとかホストクラブが多い)を中心に出前のチラシを配るというものだった。

雑居ビルっていうのは、大抵非常階段と中の階段の2個ついてるビルが多く、廊下が長いので、イメージで言うと学校の配置を考えてもらって、お店(教室)がずらーと並んでいて、階段が端と端にある感じを思い浮かべてくれるといいかと思う。
続きを読む

川

実家の近くに少し濁った川があるんだが、そこの生態系が色々とやばい。

何がやばいってフナやメダカといった普通の魚から、どこのどいつが放したのやらでっかいコイだの金魚だの、グッピーやバスの仲間まで泳いでやがる。

魚だけじゃない。ヤマカガシやマムシは土手の草むらに住んでるし、生えてる植物も外来種がほとんど。

夏が近づけばセミやカエルの鳴き声がやむ事はなく、秋から冬にかけてはトンボの群れが道を飛び交う。

去年休暇を利用して帰って来た時は、ヌートリアと川鵜(かわう)まで住み着いてやがった。
続きを読む

鬼

長いが吐き出したいので書く。

俺が小学6年の頃、両親が離婚した。そこから高校生までは親父と祖父母、そして親父が再婚した義母と暮らしていて15歳下の異母兄妹が出来た。

高2の時、大嫌いだった親父の元を離れて母親に引き取られた。親父がいない時、たまに祖父母に顔見せに行っていて18歳下の異母兄弟が出来たのを知った。

そのうち祖父が認知症になって亡くなり、間もなく祖母も認知症になってしまった。それから十年近く親父に会うこともなかった。

そして数年前、俺が一人暮らしをしているアパートに突然義母が訪ねてきた。正直驚いた。同じ市内に住んでいるのだから居場所なんか調べればすぐわかると思うが、今さら俺に何の用があるのか。
続きを読む

彼岸花

なんつーかこう、ヒドい車酔いした時みたいな気分になった話だけどいいかな。モヤモヤして気持ち悪いから聞いて欲しい。

ほっとんど会った覚えのないばあちゃんが亡くなったから葬式に出る事になった。母親のほうのばあちゃんで、記憶にあるのは猫を抱っこしてニコニコしてたことくらい。

で、葬式会場に行こうとしたら会場じゃなくて、ばあちゃんの実家に行く事になった。やっぱり田舎だからか古いけど立派な家で、庭に鯉がいる池があるのを初めてみた。

玄関開けてごあいさつ、と思ったらもうね、すぐに「うわぁ」ってなったんだわ。母親はハンカチ取り出して、俺はがまんしながら家の人を呼んであがらせてもらった。
続きを読む