パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

Baidu IME_2014-12-17_21-52-5

母親の友人が精神疾患に罹って、母と私が手を焼いていた時期がある。その時のお話。

その友人(以下Y子とする)は母の古くからの友達で、よく私達の家に遊びに来ていた。
遊びに来たときは、彼女はいつも玄関を開けて

「遊びに来たわよ~~~。母子いる~?」

と言う。

決まって母は

「いるよ~。」

と返事した。
Y子さんは気分屋だけど気さくで、私もそのY子さんが大好きだった。

あるときを境に、Y子さんの様子が変わった。彼女の夫の浮気が発覚したのだ。
Y子さんが離婚をすることが決まると、病気の症状が現れた。
突然泣き出したと思うと、いきなり激昂したり。話も飛び飛びで、何を話しているのかが分からない。
続きを読む

C784_fusimiinari500-thumb-779x500-2397

これは絶対ネタにしか思われないだろうが、一応・・・

オレはときどき人を刀で突くという夢をみる。
胸から背中に突き刺すんだ。感触が生生しくて
「前世の記憶?」とか思ってたんだけど。

しかしつい最近、カミさんの胸と背中にアザを見つけたんだよ。
それについて聞いてみたところ、生まれつきついてて、ときどき

「刀で刺される夢」を見るんだって・・・

で、カミさんも前世で殺された記憶じゃないか?って言うんだよな。

ホントだって。 どう思います?

a0006_000746

友人に電話しようとして

受話器を耳に当てたら、「ツー」って音じゃなくて

何かごそごそいう音が聞こえる。

びびりながら

「もしもし?」
と言ったら

「もしもし?」
と友人の声。心臓が止まりそうになった。

友人がうちにかけてきたその瞬間、俺が受話器を取ったらしい。

...という話をあるスレにあぷしててリロードしたら、
おんなじ内容の話がカブっている。
書いたのはその友人だった。

a0950_000270

夏の人ごみってうっとうしいよな。蒸れるし暑いし。

今日も仕事で疲れてるとこに帰宅ラッシュの電車でダメージ受けて、うんざりしながらマンションに帰ってきたんだよ。

エレベーターを待ってたのは、おばさん、じいさん、小学生低学年くらいの男の子が2人、男子高校生、黒いスーツの男、背中にガキをおんぶして、幼稚園児の手を引いた若い母ちゃん。

次々に乗り込んで、最後に俺が乗った。

けど、ドアを閉めようとした時、白いワンピースの女がするりと乗ってきたんだよ。

で、「ブー」ってブザーが鳴ったんだよな。定員が九人だからさ。

恥ずかしそうに降りようとするから、代わりに俺が降りてやった。

彼女は「ありがとう」と小さく笑った。それが可愛くてさ。

まぁ、単に俺は満員が狭くて嫌なだけだったんだけどw得した気分w

そうそう、部屋に帰ってテレビつけたらニュースやっててさ、なんかどっかのOLが行方不明なんだってよ。

それが超この辺で、ゾッとしたおかげでちょっと涼しくなったわ。


【解説】
通常定員は「大人9人分」
ブザーが鳴った時のエレベーターの人数
1.俺
2.おばさん
3.じいさん
4.小学生低学年の男子2人(大人一人とみなす)
5.高校生
6.黒いスーツの男
7.若い母ちゃん(赤ちゃん付)
8.幼稚園児
9.白いワンピースの女

幼稚園児は大人一人分の重量はないので実際の重量は大人8人分ぐらい。
これだと本来ブザーは鳴らないはず。

つまり…

行方不明のOLが天井裏にいた



a1180_004407

俺が小学生の頃の話。

俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、 地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。

ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に

「わたしは このさきの へやに いるよ」

と書いてあった。

俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって、壁に

「わたしは ひだり に いるよ」

と書いてあった。

少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に

「あたまは ひだり からだは みぎ」

と書いてあった。

友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に

「わたしの からだは このしたに いるよ」

と書いてあった。下を見ると

「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ。 うしろ みないでね」

俺は急いでその部屋の窓から飛び降りにげた。
それからはもう、その場所には近づいていない。


【解説】
最後のセリフだけ文章ではなく誰かが発した言葉
下を見ると頭がない体が
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ。 うしろ みないでね」
と言った

a1180_015520

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急列車に乗っていた。

やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。

その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。

「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」

男が私に話しかけてきた。

「そうですが、どうしてわかったんですか」

私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。

「あなたの年齢は45歳ですか?」

「そうですけど……」

「あなたは62歳ですね?」

「どうしてわかったんだ?」

そんなやり取りを繰り返していく。

どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。

次の停車駅までは、まだ15分以上ある。

私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。

「あなたは50歳ですね?」

「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」

最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。

年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。

「凄いですね。百発百中じゃないですか」

私は男に話しかけた。

すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。

「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」


【解説】
この後この特急列車は事故に合い乗客は全員死ぬ

PAK85_mangetutokumo20140713500-thumb-1312x800-5103

双子の幼女が誘拐された。
双子はガムテープで目と口を塞がれた

犯罪者は
姉の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら妹を殺すよ。」

さらに犯罪者は
妹の耳元でヘリウム声になり囁いた
「抵抗したり逃げたら姉を殺すよ。」


【解説】
犯罪者はどうやって姉と妹の区別をつけたのか?
つまりこれは、ごく身近な人間の犯行