パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

ケンタッキー州

166:
本当にあった怖い名無し:2006/05/13(土)06:00:43ID:2NTASNpNO
三年前アメリカに留学していた時の話。

夜の10時頃にアメリカ人の友達から電話でビリヤードに誘われて待ち合わせ場所のバーにチャリで向かった。

ごくごく普通なアメリカの平凡な住宅街。100坪ぐらいある様なデカい家が並列に一軒一軒並ぶ様は日本人の俺からしたら新鮮で何度見ていても楽しかった。

ボーと見ながらチャリを漕いでいたら、途中で変なものを見つけ、チャリを止めてしまった。

ニット帽を被った黒人が車にスプレーで落書きをしていた。明らかに危険な犯罪臭がしたが、向こうは気付いてないし50mぐらい距離があったから黙って見ていた。
続きを読む

明治時代、写真

19:
π:02/05/2112:03
牛の首の怪談とは、この世の中で一番怖く、また有名な怪談であるが、あまりの怖さゆえに、語った者、聞いた者には死が訪れる。

よってその話がどんなものかは誰も知らない、という話。私も長い間はこんなのは嘘だ、でたらめだ、一人歩きした怪談話さと、鷹を括っていたんですが・・・まあお聞きください。
続きを読む

ドクロ

358:
6年前の話で恐縮ですが・・・:02/09/01 17:50
私の体験談です。あんまり怖くないかもしれないけど実話です。

6年前、私の会社の同僚で一番親しかった奴が突然の交通事故で他界しました。生前、彼と良く二人で飲みに行くことがありました。

親しい男二人で飲みに行くと「マジ話(本音話)」っていうのは出るものです。将来の話、恋愛の話、職場の人間関係の話・・・

長くなるので詳細は省略しますが、彼は会社の人間関係において「どうしても許せない!」と思う人間が3人居たのです。名前を聞いたとき、彼がそう思うことも納得できるDQN三人組。
続きを読む

神社

660:
田所君1[]投稿日:2012/05/27(日)01:33:11.93ID:1HnKSW970
初めて投下します。

小学生のころ、同級生だった「田所君」(仮名)の話。長文になります。

田所君とは、小学5年から6年の夏休み明けまで同じクラスだった。田所君は、かなり勉強の出来るやつだった。

学校の図書館を「根城(ねじろ)」(当時は意味が分からなかった)と呼び、本の読みすぎですでにメガネをかけていた。推理小説が好きで、図書館にある面白い本をいろいろ教えてもらったのを覚えている。

「根暗」「ガリ勉」「メガネ」の三冠王だった田所君。これだけなら真っ先にイジメの的になるところだが、彼には他の追随を許さない類まれな才能があった。

彼は「怖い話をするのがばつぐんにうまかった」のだ。そして、彼の話すべてが彼の創作だった。

今にして思えば、どこかで聞いたことのある話だったり、当時の事件をホラー仕立ての話に改変していた、ということなのだろうが、いかんせん小学生。湯水のように怖い話を語り続ける田所君を誰もが崇敬(すうけい)の目で見ていた。

全ての話を自ら「創作だ」と言っていたことから、よくありがちな「オレは霊が見える」「お前、悪霊がついてるぞ」みたいなインチキ霊感をかたることもなかった。

「これは僕が考えた話なんだけど‥‥‥」と田所君が話し始めると、教室が一瞬で静かになったものだった。

俺たちクラスメイトは、畏敬(いけい)の念をこめて「怪談先生グレート」と呼んでいた。(「グレート」と付けたのは、学校の先生よりも尊敬されていたからだ)

小学生ではよくある、意味不明のあだ名だ。普段は略して「グレート」と呼んでいた。もはや田所のタの字もない。

そんな田所君だが、2回だけ創作ではない話をしたことがある。
続きを読む

カラス

185:
本当にあった怖い名無し[]投稿日:2012/06/02(土)15:56:43.34ID:GjuYSOxy0
俺が大学生三年の時の話。

ちょうどテスト前だったから七月だな。当時俺は築二十年くらいのワンルームマンションに下宿してた。部屋は最上階で四階の一番奥だった。

その日、俺は友達の家でテスト勉強という名のノートの見せ合いをしていた。それが終わって自宅に帰って来た時は、途中でコンビニに寄ったこともあり、午前二時を過ぎてた。

俺のマンションにはエレベーターのような便利なものはなかったので、いつも通り階段で四階までのぼろうとすると、階段の近くで二匹の猫が暴れていた。

ウニャー!!ゴロウニャー!!って威嚇の声をあげていたんだ。でも俺が近づくと、二匹はちょっとこっちを見てから、ササッとどこかに逃げて行ってしまった。
続きを読む

不気味

534:
あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage]:03/06/06(金)16:26
10年近くたつのに気になってしょうがない話。

中学生の時、俺はいつも通り学校から帰ってから部屋でテレビを見てた。2時間くらいたった7時くらいに廊下から、

母親「〇〇ーご飯だよー!」

俺「まだいい」(確か、好きな番組見てたから)

15分ほどたった時、ふいに部屋のドアを叩く音。

母親「〇〇!ご飯食べちゃいなさいよ!」

俺「まだいいって!」

当時、俺のとなりの部屋は妹の部屋で、その時妹もとなりにいた。母親は妹にもご飯を食べるようにせかしてる。

母親「××ご飯食べないの?」

妹「後で食べる」

こんなやりとりが聞こえてた。
続きを読む

田舎

631:
本当にあった怖い名無し[]投稿日:2010/09/06(月)13:41:23ID:klQDC00q0
これは実際に起こった事件にまつわる話なんだ。

今から15~6年前、当時、俺は10歳だった。俺の地元は山形県の中でもさらに田舎なところで。ご近所さんはみんな親戚みたいなものだった。

おおげさじゃなく、顔を見ればどこの誰だかわかるような、戸締りをする習慣すらないような地域だった。

そんな中で、突然殺人事件が起きたんだ。
続きを読む