パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

砂かけ婆

2012/07/10
大分の俺が住んでた地域では誰もが知ってる話。

夜19時から深夜にかけて、ほぼ毎日ご近所の家のチャイムを鳴らして「こんばんわー吉岡でーす、お届けに参りましたー」

って言って去っていく通称チャイムおばさんって人がいた。

お届けに、なんて言ってるけど別になにかお仕事とか親切でなんか届けてるわけじゃなくて、おそらく病気でそういう行動してるんだと思う。

まぁ皆「また今夜もきたか…」くらいな感覚でいつも無視してるし、ウチもそんな感じで無視してた。

朝にはチャイムおばさんが昨夜お届けしてくれたであろう結構な量の砂が玄関にぶちまけられている。

まぁこのお届け物はランダムで、大量の葉っぱとか石とかたまにお菓子なんかもあって、学校では今日はなにが届けられてた~、だのまた砂だったわ~、などで盛り上がったりもしていた。
続きを読む

神社

では、貴船神社で遭遇した話。かなり昔の話なんで伝わりにくかったらご勘弁。

免許取り立ての頃って皆そうだと思うけど、車の運転が嬉しくてよく夜中に車であっちこっち行ったもんだった。

その日は俺を入れて男3人女2人の5人組で友人の運転する車に乗り、特に行くあてもなくドライブをしてた。それで、肝試しにでも行くかって流れになった。

どこに行こうかって話をしていて、最初は深泥池(みどろがいけ)に行こうってなったんだけど、以前に俺と友人がちょっと怖い目に遭ったので猛反対した。

そしたら女の子の一人が貴船神社の丑の刻参りの話を始めた。みんな丑の刻参りのウワサは知っていても実際にやってないだろうと思っていた。
続きを読む

カラス

07/08/14
俺が大学3年になる頃の話。

それまで大学のすぐ近くに住んでたんだけど、バイクを買って通学時間が短縮できるようになったのと、部屋が荷物で狭くなってきたこともあって、引っ越そうと思ってあれこれ部屋を探してたんだ。

そしたら隣町の不動産屋で、少し大学から離れるけれど家賃はそのままで、それまでの倍ぐらいの広さの部屋を見つけた。

4階建てのマンションの4階で、屋根がちょっとカマボコ型のドームみたいになってロフトのついてる物件で、すごくお得だった。家賃がすごく安いから下見の時に不動産屋の人に

「自殺でもあったんじゃないんですか?」

って冗談めかして聞いてみたんだけど
続きを読む

福知山脱線事故

506:
JR西日本に就職した友達から聞いた話で、同期の仲間内で噂になったそうです。

ある日、某駅で、遅番の社員が終電後、なかなか寝付けず、仕方なくタバコでも吸おうとしたがタバコがなく、近くのコンビニに買いにいこうと思い、一旦セキュリティを解除して駅事務室を通った時です。

一台のノートPCの電源が入ったままになっているのをその社員は気付きました。このPCは列車の運行情報を見るための物で、現在の列車の位置や遅れなどが表示されています。

本来ならこのPCは終電後電源を切ることになっていて、当然終電後のため列車は走っていないはずでした。
続きを読む

階段

得意先が移転し、お祝いをかねて訪れた。

そこは1階が店舗で2階が事務所、とりあえず事務所で話を聞くからと、店舗の奥の給湯室から伸びる階段で2階にあがる。

しかしこの階段、何か違和感がある。なぜか下から2段目だけがなぜか幅が狭く、段が高い。

事務所に上がり話も盛り上がり、帰り際2段目の事はすっかり頭から消え、危うく足をくじきそうになる。

すると"階段危ないから気をつけて"と社長の声。先に言えよ。"大丈夫ですから~"といい、お愛想をして店を出る。

この会社、業績は良くないが社長の人柄と社員のがんばりで何とかやりくりしている感じ。しかしこの新しい移転先は昔から何をやってもうまく行かない場所。
続きを読む

バスタブ

08/09/05
忘れ去る前に記録するつもりで書きます。これは業務中に起こった変わった体験です。話に出てくる同僚はまだ勤めています。

自分は数年前に北陸のCホテルでフロント業務をしていました。その時の話です。

普通のビジネスホテルなので当日深夜のフリー客に関しては基本的に受けたりしません。それに都会ではないので、深夜に宿泊を依頼してくる客はトラブルの匂いを隠せないのです。

その日はすでに午前2時を回っており、仮眠の準備を始めた時の事でした。

「ルルルル…」
続きを読む

アパート

08/03/19
友達のAの話。

Aは小さいアパートに住んでいるのですが、人当たりの良い性格もあってか、近所付き合いも円満で、特に隣の部屋に住んでいる男性(B)とはかなりよろしくやっていたらしい。

暇があればお互いの部屋を行ったり来たりするほどの仲だったんだと。

ある晩、いつものようにBの部屋に行くと、今まで綺麗だった部屋の中がめちゃくちゃ散らかっていた。驚いて何があったのかと聞くと、Bは

「探しものをしていた」と答えた。

Aは納得したが、今考えると、探しものをしていた割には散らかり方が尋常ではなかったらしい。台所の三角ボックスが床に落ちて、残飯が散乱していたくらいだから。
続きを読む