パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

鳥居
11/12/10
少し前の話。

とにかく私は疲れていた。仕事も忙しいし、夜まで残業も続いたし、体調は悪いし、旦那とも些細なことでケンカをして家の中でも会話がない。

精神的に追い詰められていたし、孤独で寂しかった。誰かと話がしたかった。

眠っている間につらかったのか、起きたら顔が涙でぱりぱりになっていたり、手のひらに握り締めすぎたツメの傷跡が残っていたりしたこともある。
続きを読む

視線
12/02/22
私はビジネスビルの二十階で仕事をしている。

昨日の夕方、一日の仕事を終えてエレベーターホールへ向かった。

やって来たエレベーターは上の階で乗り込んだ人達ですでにかなりいっぱいになっていたけれど、何とか一人乗れるスペースがあったので乗り込んだ。

私の立ち位置はちょうどエレベーターの左右の扉の合わせ目の真ん前。扉はピカピカに反射する素材で出来ていて、振り返らなくても自分の背後が見て取れる。
続きを読む

道
04/07/14
2年前に体験した話なんだけど、平日の夕方に親戚の家に親と遊びに行ったんだけど、次の日、学校って事もあって11時過ぎに帰る途中で…。

親戚の家を出て20分たった頃、すでに12時前、回りには街灯もなく畑しかない、田舎道。

前をよーく見ると道の端に普通の男が立ってた。「こんな時間におかしいな」って思って、気味が悪いからあまり見ない様に通り過ぎようとした瞬間、事件は起きた。

その男は、車と平行して一緒に走っている。「うわっ」といった瞬間その男は…車の左前輪に頭から突っ込んできた。
続きを読む

人影
11/10/02
私が保育園に上がる前、私達は父の実家で同居する事になった。

祖父母・父母・私弟の六人家族。だけど家には、私にだけ認識できるもう一人がいた。最初はただの見間違いだと思って、誰にも言わなかったし、気のせいですませていた。

しかし時おり視界の端に白い人影が映り、顔をあげてそちらを見ても誰もいないという事が続いていた。

小学校に上がり高学年になっても、それは続いていた。私は自分の部屋があったが、入口はいつも閉めていた。
続きを読む

混乱
06/07/19
小さいころ、私は知的障害を持っていると思われていました。

言葉や文字に対する遅れは見られませんでしたが、コミュニケーション能力が欠けているとしか思えない様子だったそうです。

人と目を合わせない、会話ができない、約束事が守れない、一方で、何もないところに向かって延々と話し続ける、と気味の悪い言動を見せていました。

また、距離・時間を考えるとおかしな行動をしていたそうです。

例えば、母が車で家から1時間くらいかかる公園に連れて行ってくれたとき、目を放したすきに、ふらりと私が消えてしまったらしいのです。
続きを読む

山の小屋
11/10/01
今年の夏、今までの人生で一番怖い体験をした。最初は誰かに話すなんて考えられなかったけど、だいぶ落ち着いてきたので投下。

自分の家は中国地方の山奥の田舎にある。俺はそこでちょっとした自然愛護のクラブに所属していて、いろいろイベントを企画したり参加したりしていた。

家から車で20分ほどの所に「〇〇さん」と呼ばれる山があるんだが、主にその山を舞台にしてクラブのメンバーで登山や、キャンプなどを催していた。
続きを読む