パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

神社

15年位前、不動産会社の営業になってからの話。

会社が建売分譲するのに競売物件を競り落とし、確定したから上司の現地調査に同行。競売に出る位だから元々結構な問題の物件だったようで、周辺住民へのあいさつもかねてとの事。

区画確定は終わってたので、売り出す時のチラシ用写真撮影と近隣・周辺施設の調査も。「〇〇小中学校から~km、〇〇スーパーから~km、〇〇バス停から…」とかいうやつ。

その分譲地から徒歩で調査するんだけど、上司が『見える人(不動産系には多い。むしろ見えないと仕事で成功しない・とかまで言う人が多い)』で、土地神にあたる神社にあいさつに行くと。
続きを読む

進撃の巨人

人の業ってのはあるんだな、と感じた話。

俺の親父の田舎は、60年代初頭まで人食いの風習があったっていう土地だ。とはいっても、生けにえだとか飢饉(ききん)でとかそういうものではなく、ある種の供養だったらしい。

鳥葬(ちょうそう。遺体を鳥に食べてもらう葬儀のこと)ならぬ人葬かな。それは小さな神社で行われてたとのこと。

そこの神主さんが亡くなった人の脳だとか脊椎だとかをすすり、その人の魂(心?)を受け継ぐんだって。で、イタコの真似ごとをして、残された家族とかに故人からの言葉を送るっていう寸法。

気味が悪いように聞こえるけど、それほど殺伐としてようなものじゃないみたい。

しかし、先に言ったように、だいたい60年代を過ぎるころになると、さすがにそのような風習もすたれてきた。

ちょうどその頃は、その神社の神主を息子さんが受け持つようになっていたし、法律とかそういう問題もあったから、ちょうど世代交代の時期だったのかもしれん。

だがそれでも村の爺さん婆さん連中は、ご先祖様と同じように逝きたいと、この葬送(そうそう)を希望していた。そのため、新しい神主さんも嫌々ながらそれを引き受け、数年の間死体の脳をすすったらしい。

多分これがいけなかった。
続きを読む

乗るしかない、このビッグウェーブに

2012/07/25
オカ板初心者だが体験談を書かせてくれ。結構前の話なんだけど、おばけそのものは出ないから見る人は怖くないと思う。

俺が高校2年製の頃の話(6年くらい前)その頃の友達と男だらけで夏祭りに遊びに行った。男子校だったんだからしょうがねぇだろ、といいわけしておく。

で、男3人ででかい公園で毎年恒例七夕の花火を見に行く事に。買食いしながらオタトークやら花火をみて無事終了。

迎えに来た友人の兄の車に乗って帰ることに。でもなにか物足りないからもう少し遊びたいよなーって話に。すでに迎えの車はこっちに向かってるからなぁ、って事で

肝試し

することになっちゃいました。
続きを読む

宮崎勤

2012/07/23
書こうかどうか長年迷っていたけれど、もう恐れる相手もいないし書こうと思う。

私が小学校に入る前、あれは幼稚園の頃だったと思う。当時私は関東のある都市にいる祖父母に預けられていた。家庭の事情というやつだ。

祖父は物事を教えるのが上手く、私は小学校二年生程度の読み書きはできる子供だった。(書き順はめちゃめちゃでそれは未だに直らない)

ある日、幼稚園から帰ると郵便局のおじさんがいた。手には小包を持っていた。

「〇〇さんはここかな?」
続きを読む

猿

3:2014/05/20
先日の早朝、ゴミ捨てて戻る途中、家の前にある空き地に子猿みたいなのに会った。最初は全裸のおっさんかと思ってビビったけど、身長が小さかったので違うと思う。

隠れて見てると、子猿はしばらく空き地の地面をほじくってたが、突然こっちを振り返った。まだ薄暗かったので顔は分からなかったが、俺を見てるのが感覚的に分かったので背筋が凍った。

子猿は、ほじくってた地面を指差して何かゴニョゴニョ言ったが、離れていたのに耳元で聞こえるみたいな不思議な声だった。

よく聞き取れなかったが、「運が良かったからくれてやる」という様な内容だったと思う。そして、猛スピードで空き地の塀を飛び越えて消えてしまった。

完全に夜が明けてから空き地に行って地面を掘り返してみたら、歯が何本か埋まっていた。一応くれると言ってたので、今持ち帰って保存してるけどどうすればいいんだろw
続きを読む

病院

実話なんであまり怖くない。つか、それじゃスレチか。怖い話というか、相談?

俺は霊感というものが全くない。

霊そのものは存在しても不思議じゃないという考えだが、自分がそれを見たことは一度もなかったし、そういうものを見る力が自分にはないんだと思っていた。

俺は病院勤務で、とある科の検査を担当している。いくつか病院を掛け持ちしているんだが、そのうちの一つでだけはどうにも感じるんだな。

名前を聞けば日本中誰もが知っている大学病院。他の病院では今までと同じように何にも感じない。やっぱり、患者の数が多いところはそういうのが集まっているんかね。
続きを読む

髪の毛

2012/08/20
俺が去年に体験した話。

当時はすごく怖かったんだけど、今考えてみると何か不思議な体験だった。

美容師になって4年目、新人の技術指導で休日出勤してた日だった。その日は本来休みじゃなかったんだけど、店長が里帰りするっていうので1日だけ臨時休業になった日だった。

技術を競い合う様々な競技のコンテストが間近に迫ってて、俺の勤めてる店は新人もベテランも皆強制参加しなければならない。

そこで良い成績を取れれば店からちょっとしたお小遣いが貰えたりするので、自主的に休日出勤をして練習を繰り返していた。
続きを読む