パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

バイク事故

今から5年前かなぁ。

私はすごい貧乏学生で、4畳半で家賃1万3千円、トイレ風呂共同のアパートの一階に住んでいました。

そのアパートは家賃が破格なせいか、いろんな人が住んでいました。何かから逃げてきた人や、外国から来た人もいました。そのアパートで起こった事件なんですが、、、

アパートの住人にえらくバイク好きの人がいました。彼は私の部屋の隣の住人で、毎週金曜の夜中になると、アパートの駐輪場でバイクの調子を見ていました。

夜中にやってるので、音がうるさくていい迷惑だったのですが、私もバイクが嫌いではなかったのと、家賃も非常に安かったので「まぁ、仕方ないか」程度に思っていました。
続きを読む

鍋料理

俺が住んでる市営住宅の1Fにちょっと怪しげな親子が住んでるんだけど(母親と息子)

それぞれ息子=45過ぎ、母親=65過ぎの親子なんだけど、ほとんど他の住人とは話もしないのよ。仕事もしている風はないし、外出しているところを見かけたことがない。

そのくせ、俺とか上の階に住んでいる住人がその親子が住んでる部屋の前を通ると必ず息子が「カシャッ、カラカラ」ってドアの鍵を開ける音をたててドアをすこーしだけ開けて、むこうからこっちを見てる。

気持ち悪いけど俺は「こんにちわ」ってあいさつをすると、目もうつろなその息子は「うおんにちわ~」ってかなり発音できてない言葉であいさつを返してくる。
続きを読む

夜道

夏休みでした。夜中の12時くらいに、いつもは通らない裏道を歩いて帰っていました。

突き当たりは空き地で、フェンスがしてありました。そのまま左に折れてまっすぐ行くと、うちのすぐそばまで出る道なんですけど、小さい頃、親に絶対通っちゃだめといわれてたので、ずっと通ってなかったんです。

でもその日はふと、その裏道に入りました。前方に50代くらいのサラリーマンが歩いていました。
続きを読む

アパート

俺が大学生の時の話。

一年は大学の寮に入ってて、2年から一人暮らし始めた。建物自体は古いけど内装は綺麗だし、家賃も安かったから決めた。そのアパートに住み始めて3日目くらいだったと思う。

俺ファミレスでバイトしてて、その日は閉店までシフト入ってたから2時過ぎに終わった。私服に着替え終わってケータイ見たら、彼女からバイト終わったら電話ちょうだいってメールがきてた。

家帰ってから電話しようと思って足早に原チャリで帰ったんだ。そのアパートは二階建で、俺の部屋は二階の真ん中の部屋。部屋についてすぐに彼女に電話した。
続きを読む

岬

特に霊感があるわけでもなく、あまり生々しい話ではないですが…。

4年程前のまだ夏と呼ぶには肌寒い頃、当時「2人で朝日を見る」というシュチェーションに憧れていて、あまり乗り気ではない彼女と一緒に、当時住んでいた地方都市から車で3時間位の岬にドライブした。

駐車場に到着したのが、4時頃だっただろうか。他に車が数台。まだ辺りは真っ暗で、iモードの天気予報では日の出まであと1時間近くあった。

「外は寒いし眠い」と機嫌が悪い彼女を車内に残し、ワクワクしていた俺だけが朝日スポットを探しに岬へ向かい散歩した。

「何だか、嫌~な空気」を感じてそそくさと車へ戻ると彼女は助手席で爆睡。
続きを読む

樹海

あまりに不幸なことが続いた。

それをここで紹介する気はないが、俺は自殺することに決めた。それで、少々安直だが、あの有名な樹海に行って首でも吊る事にした。

頑丈なロープを持って森に入り、手ごろな木を探す。誰にも見つかりたくなかったので、森の中を、俺は奥へ奥へと歩いていった。

歩き続けて、もう方向も分からなくなって来た時、突然俺の目の前に人が現れた。40くらいのおっさんだ。お互いに驚いたね。こんなところで人に会うなんて思ってもいなかった。
続きを読む

鎧

これから書くお話は、実話です。

私たち一族を知る方には、記述内容から登場人物がバレるかもしれませんが(汗)わずらわしさを断ち切りたい一心で、思いきって書きたいと思います。

私の父は、田舎の大きな農家の分家の出です。その農家(=本家)は、父の実家(=分家)から竹林ひとつはさんだ北側にあります。

私が小さい頃は、父に連れられてよく父の実家に遊びに行き、ついでに本家にもお邪魔しました。その本家には、私よりいくつか年上の従兄弟がふたりいました。

お兄さんの方は生まれつき体の骨が一部足りない障害を持っていましたが、ふたりともいつも私とよく遊んでくれたので、幼少の私は本家が好きでした。

その本家は地元の大地主で、家のつくりもとても大きかったんです。私たちは(親戚もふくめて)いつも居間でだけ遊んでいました。

居間を出るときは、すぐそばにあったトイレに行くときくらいでした。
続きを読む