パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

YUUSEI85_yomichiwoaruku15224106_TP_V4

508 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/03/29(火) 03:47:11.84 ID:QaJNwUQm0.net
個人的には核弾頭クラスで後味悪かった話投下するよー
DQN自慢に入るかな?
かなり特殊なんで適度にフェイクいれつつ。

友人(男)のお母さんの不倫自慢。
たぶん50くらいなんだけど確かに美人で、
バブルとかでえらく持て囃されただろうなーっていう人なんだけど(結婚前の職もCAみたく美人の代名詞的な仕事だったし)、
友人の担任と不倫。

続きを読む

BOB2028044_TP_V

368: 本当にあった怖い名無し 2017/10/31(火) 01:48:48.00 ID:Kw9uzLdb0
スレ重複してるの気づかなかったからこっちに。
自分が体験した話なのでオチもクソもないけど、溜め込むの嫌だから書き込む。長文注意。
子供の頃、近所にごく普通(だと思っていた)の一家が住んでいた。仮に山田家としておく。
山田婆さんはよく犬を散歩させており顔を合わせる機会が多かったし、私や近所の子供たちに対してとても優しかった。
続きを読む

nerusan0614_11_TP_V

156 :1/2:2007/09/19(水) 20:18:55 ID:T0B/RQIP0
開かずの部屋って言うか良くわかんない体験。

ウチの母方の実家は農家なんだが、
二階に開かずの間が二つ存在してた。
まあイッコは単に仏壇の真上の空間だから
仏様を踏まないように閉じ切ってたっていうだけなんだが
もうひとつの部屋が今でも不思議なんだ。

続きを読む

YUKIhorro1171586_TP_V

346: 本当にあった怖い名無し 2017/10/29(日) 20:31:49.38 ID:uZ6YwvVO0
10月22日未明、この日私は国道19号を塩尻から名古屋方面へと車を走らせていました。
ラジオからは大型台風が日本列島に近づいてきているということと、衆議院議員選挙の投票日だということをしきりにアナウンスしていました。
国道19号線沿いは風はほとんど感じられませんでしたが、時折大粒の雨が降ってきて車の屋根をトントンと叩きつけていました。
この国道は幹線道路であり、いつもは大型トラックが頻繁に行きかう道なのですが、この日は台風の影響からかあまり見かけることはなく乗用車も普段より少ない感じがしました。
このように荒れた天候の中を走っていたのですが、次第に疲れと眠気が襲ってきて道の駅で少し休憩しようと思い始めました。

続きを読む

texture1221351_TP_V

327: 本当にあった怖い名無し 2017/10/28(土) 10:58:00.15 ID:Adar2czA0
自分でも意味が分からない出来事だったんだけど、
恋人が内定をもらって勤務地が遠く、
引越し準備をしたり合宿で免許を取りに行ったりで忙しくなるって事で、
景気付けにラーメンでも食いに行こうってデートの約束をした。
だけど数時間後に課題があるからってドタキャンされて自分はめちゃくちゃショック。
それくらい悲しく思ってるって意味で事故るからなって連絡をして
自分は一人でラーメンを食べに行った。

続きを読む

yukillowSDIM2688_TP_V

314: 本当にあった怖い名無し 2017/10/24(火) 01:05:29.77 ID:naI+A7MX0
数年前、中古車を購入してから俺の趣味は1人ドライブになった。
特に夜のドライブはとても気持ちがいい。知らない場所に行ってもナビがあるし時間の許す限り俺はドライブを満喫していた。
んで、連休前のある夜。いつものようにドライブ中、高速を軽快に走行してたらメーターの灯りが突然消えた。
いきなりのことでテンパったが走行に問題はなさそうなので様子見で少し先のパーキングエリアに入ることにした。
仮眠中であろう大型トラックが数台あるだけでパーキングに人気はない。
車を停めエンジンを切り、車から降りてトイレ休憩したあと再びエンジンをかけ直すとメーターは元どおり点灯した。
とりあえずホッとしたが、まだ車の保証期間内だったので明日中古車屋に見てもらおうと思いその日は帰ることにした。

続きを読む

blood-group-2668683_960_720

127 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2016/01/18(月) 21:06:26.52 ID:k7A4+9eu0.net
世界仰天ニュースみたいな番組で見たと思う、『おおらかなO型一家』の話。

ある一家は、O型同士の両親から産まれたO型の姉妹二人の四人家族。
特に父親は「俺はO型だから細かい事は気にしないんだよ~」が口癖。

ある日、成人した長女は生まれてはじめての献血へ行く。
するとそこで、自分の血液型O型ではないと判明する(A型かB型だった)。
そうなるとO型の両親から自分が生まれる訳がない、愕然とする長女。
調べ直して貰うも検査結果に間違いはないと言われ、
ショックで自宅に帰り、母親に検査結果を見せて涙ながらに話をする。
当然ながら母親も驚き、その日は家族での会議が開かれる。

続きを読む
×