パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

PP_MM500-thumb-500x750-73

137 :
あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/28 16:08

あわてて帰り支度してたらトイレに行きたくなって、怖かったけどトイレに行った。 
入った瞬間「ばちばちばち!」とものすごいラップ音と、ともに光が! 

もうヤバイ!とトイレから走り出てエレベータに乗った。 

時計は12時近く。もう誰もいない。と、○4階でエレベータが止まった。 

「えっ?!」

と思った。 
扉が開くと薄暗いエレベータホールが見えた。誰もいない・・・。 
なんで止まったの~!!!!!!!??????? 

震える指で「閉」を押した。 

1階に着くとすぐにタクシーに乗った。 

「○○まで」と言うと運転手は「連れの方はいいんですか?」

聞いた! 

「連れ、なんていないです」

って震えながら言うと運転手はそれっきり黙った。 
ただ、スピードは出してた。 

あー、怖かったよ~・・・・・

a0006_000107

115 :
あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/28 06:03

10年ぐらい前のことだったかな。 

お客さんがカウンターに忘れ物をしたようで 

明日取りに来ると言ったけれど 

たまたま私が行こうとしていた営業先の近くだったので 

届けることになったんです。 

新宿7丁目だったかな? 

地図で見ると近くなんだけれど、実際には道が入組だ 

ごちゃごちゃした住宅街で道に迷ってしまったんです。 

立ち止まって地図で自分の居る位置を確認していると 

茶色い毛のフサフサした柴犬より少し大きな犬が 

足にまとわりついて来たんです。 

犬好きの私はキツネみたいな犬だなと思いながら 

撫ぜ回していると、犬は私に「おて」をすると 

くるりと方向を変えて行ってしまいました。 

行く犬を目で追うと

えっ!? 

犬は武家屋敷みたいな大きく立派な門の前まで行くと 

すっと消えたんです。 

門に抜け穴でもあるのかと門まで行ってみると 

そこは有名な心霊漫画家のお屋敷でした。 

犬が通り抜けられそうな穴どころか隠れられるところもありません。 

消えた場所が場所だけに不思議でした。 

a1180_016883

99 :
あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/27 22:29

高尾山に登ったときの話です。 
高尾山に登るにはケーブルカーやリフトがありますが、まぁ僕は歩いて登ったわけです。 

下山してくる人はすれ違うときに軽く挨拶をしてくれます。 
まだ朝の八時頃でしたから下山者は少なく、半分ほど登っても1人しかすれ違いませんでした。 


続きを読む

a0002_000216

38 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/02/26 16:22

秋頃でしたかねえ。着信がありました。 
  
 
それが、見たことも無い番号なんです。 
ぱっと見、電話番号と認識できないような数字でした。 

 
よく覚えてないんですが、電話番号にしては桁も少なかった気がします。 
そもそも「0」から始まってもいなかった気がします。  
とりあえず、とってみると 


「オギャー!オギャー!」 


と、赤ん坊の泣き声が後ろでしています。 
かなりの音量で。
続きを読む

PPO_ameninuretaburanko500-thumb-750x500-1021

499 :
本当にあった怖い名無し:2010/09/10(金) 09:51:17 ID:OYUs7Ahx0

俺の息子には、時々、人の顔をじっと指差すという妙な癖があった。

「指された人物が必ず3日以内に死ぬ」

ということを知ったのは最近のことだ。

面と向かっての場合に限らず、写真や画像でも息子の力は発揮されたのだった。
今日もテレビを点けようとしたとき、息子はじっと画面を指差していた。
点いたテレビには、大物議員の姿が。

「へえ~、こいつも死ぬのか」





【解説】

指をさした時点ではテレビは点いていない

暗いテレビ画面に反射して写っているのは父親

a0990_001459

475 :
本当にあった怖い名無し:2010/09/10(金)01:20:46 ID:jO9lhA8h0

夏休み、中学の時から仲が良かった友達と旅行に行った。
普段お互いに都会生活ばっかり、うんざりしていたので自然の中で過ごすのはいい気

分転換になった。

旅館に着く。
荷物を置き、旅館の近くの店に友達と行く。
色んなお土産を買って部屋に戻った。
そして普通に温泉に入り、飯を食い、テレビを見る。

「そろそろ布団敷くか」

友達が言った。

「そうだな」

布団を敷いてテレビを見る。

テレビは100円を入れれば~分見れると言うものだったので、友達とじゃんけんでど

っちがいれるかを争っていた。
そしてもう2人とも眠くなったのでテレビを消し、紐を引っ張り電気を消そうとした。
しかし、何故か部屋の片方しか暗くならない。
何故か電球が2つある。

友達が言った。

「おい、2つあるって・・・お前やばいぞ・・・」

何を言っているのかさっぱり分からなかった。

友達が

「テレビのコイン入れたところを見てみろよ」

震えた声で、やや涙目で俺に言った。
もう、俺はテレビの方を見ただけで、わかってしまった。





【解説】

二人は鏡の世界にいってしまった
電球が二つ見えたのは鏡の世界から現実の世界を見ていたから

友達が

「テレビのコイン入れたところを見てみろよ」

といったのは100円と書かれているところが逆になっていたから

a0002_001093

462 :
本当にあった怖い名無し:2010/09/09(木)22:24:33 ID:vZoAb0aQ0

夜、ふと物音で目が覚めた。
弟とあなたの部屋は襖で区切られただけなので向こうの音はつつぬけだ。
弟の部屋から音がする。
見ると砂嵐になったテレビがつけっぱなし…

「またつけっぱなしで寝てる…」

めんどくさいから、一度はそのまま寝ようとしたけどもやっぱりテレビの音が気にな

り眠れない…
しょうがないと思いながら弟を起こさぬよう静かに襖をあけて弟の部屋に入る。
くそ…気持ち良さそうに寝てやがる…
暗くてリモコンを探すのに手間取るも無事テレビを消す。
ふぅ。
やっと静かに眠れる… そう思いながら自分の部屋に戻った。





【解説】

469 :本当にあった怖い名無し:2010/09/09(木)23:19:34 ID:vZoAb0aQ0

①物音で目を覚ました時
②寝ようとしたけど、やっぱりうるさいから消しに行く時

①の時は、「見ると砂嵐になったテレビがつけっぱなし…」
→襖は開いている

②の時は、「静かに襖をあけて弟の部屋に入る。」
→襖は閉まっている

っていうことは、①と②の間に誰かが侵入して、襖を閉めたってこと