パラノーマルちゃんねる | 2ch怖い話まとめ

主に2ちゃんねるから怖い話等を厳選してまとめています。洒落怖、山怖、意味怖、本当にあった怖い事件、芸能人が体験した怖い話、不思議な話、実話、長編、短編、動画他

SnapCrab_NoName_2023-1-27_9-51-42_No-00

502 :本当にあった怖い名無し:2009/07/10(金) 19:04:58 ID:h1B9YgXf0
自分、霊感0。霊体験も0。
だから怖い怖いといいながら、洒落怖を見てしまうのさね。

何年か前、当時大学生の親友のAから、奇妙な頼まれごとがあった。
そう…ちょうど、こんな蒸す季節のこと。
「俺の母方の実家に一緒に行ってくれ」
「ボク…男の子だよ…本当にいいの?」
なんでも、前年20歳になるときに母親に連れて行かれた実家に、どうしても今年も行きたいとのこと。

続きを読む

SnapCrab_NoName_2023-1-25_10-52-31_No-00

419 :本当にあった怖い名無し:2009/08/01(土) 18:56:22 ID:aXftNoGi0
俺はド田舎で兼業農家をやってるんだが、農作業やってる時にふと気になったことがあって、
それをウチの爺さんに訊ねてみたんだ。
その時に聞いた話が個人的に怖かったので投下。

農作業でビニールシートを固定したりするとき等に、木の杭を使用することがあるんだが、
ウチで使ってる木の杭には、全てある一文字の漢字が彫りこんである。
今まで特に気にしていなかったんだが、近所の農家で使ってる杭を見てみたところ、そんな文字は書いてない。

続きを読む

SnapCrab_NoName_2023-1-25_10-50-3_No-00

590 :本当にあった怖い名無し:2009/08/08(土) 01:40:32 ID:2JWKHrPf0
『先ほど○○駅で発生しました人身事故により、ただいま上下線とも運転を見合わせています。
 お急ぎのところ申し訳ございませんが・・・』
週末の夜、溢れんばかりの人で身動きのとれない新宿駅のホームに、駅員のアナウンスは繰り返された。
人身事故・・・すなわち飛び込み。
地方の人はぴんと来ないかもしれないが、東京では日常的に発生して、そのため電車の遅延に度々遭遇する。
「ちっ、早く帰りたいな」
俺は舌打ちした。
続きを読む

SnapCrab_NoName_2023-1-26_10-12-53_No-00

332 :本当にあった怖い名無し:2009/06/15(月) 04:52:42 ID:D68LnZOG0
人から聞いた話だから真偽は知らんけど投下。

近所に『ハサミ女』と呼ばれる、頭のおかしい女がいた。
30歳前後、髪は長くボサボサで、いつも何かを呟きながら笑ってる、この手の人間のテンプレート。
呼び名の通り、常に裁ちバサミを持っていて、シャキシャキと虚空を切っている。
刃物携帯だし、よく警官に注意され、連れて行かれるところを皆が見ているが、
本人が温厚(?)な為か、女の自宅付近にしか出没しない為か、そこまでの危険視はされてなかったらしい。
友人が小学校を出る頃には、引っ越したのか死んだのか、いつのまにか姿を見なくなっていた。

続きを読む

SnapCrab_NoName_2023-1-26_10-12-36_No-00

356 :本当にあった怖い名無し:2009/06/15(月) 15:39:36 ID:seXYTfG80
ちょっと前の仕事が休みだった日、原付でうちの裏山を走ってたんだよ。
そしたら空にぽっかりと、赤い鳥居が2つ並んだ状態で浮いてるんだよ。
赤い鳥居が浮いてるっていうより、宙にぼやけてるって感じかな。
道なりにその鳥居があったから、走り抜けたんだよね。
だからちょうどくぐった感じ。2つとも。

続きを読む

2d72bf14-s

798 :本当にあった怖い名無し:2009/08/10(月) 00:18:57 ID:Jj1X2IEDO
小学生の頃、林間学校に毎年行っていた。
俺が6年生の時、行事の中に肝試しがあって、夜中に懐中電灯一つ持って、三人一組で山の中を歩くことになった。
本能的に闇は怖かったんだが、強がって俺は先頭をライトを持って歩くことを志願したんだ。
背が低い俺の後ろを、太ったTと、ヒョロ長いKが付いてくる。
多分三人とも怖かったんだろうけど、強がってはしゃいでた。
理由は覚えて無いが、俺達は横一列ではなく、縦に並ぶように歩いていたと思う。

続きを読む

734f3437-s

20 :本当にあった怖い名無し:2009/06/20(土) 00:21:15 ID:3tOvZQbJ0
藍花はいじめが原因で学校を転校する。
「早くたくさん友達を作って、家に呼んでね」と母に送り出される藍花。
しかし新しい学校のクラスメイト達は妙に態度がよそよそしく、なかなか話しかけてくれない。
その上、藍花の持ち物が盗まれたり、無言電話がかかってくるようになる。
藍花は「これはいじめでは」と思うが、母を心配させたくなくて言い出せずにいた。

続きを読む

954c6b0d-s

134 :1/3:2009/08/04(火) 23:35:16 ID:X1AJxGlo0
地方新聞の支局に勤めていた方から聞いた話です。

新聞社にもたまに変な人が来るそうです。
どう変かというと、「あの事件の犯人は自分だ」と主張するそうです。
いまだに「3億円事件の犯人は自分だ」と言ってくる人や、
すでに犯人が逮捕された事件の犯人は冤罪で、自分こそが真犯人だ、と言う人までいるそうです。

続きを読む


SnapCrab_NoName_2023-1-26_10-12-15_No-00

66 :本当にあった怖い名無し:2009/06/20(土) 20:46:33 ID:Gcq7KOTV0
ちょっと前のレスに、耳元で声がする話があるけど、これもその類の話です。
中学校からの友人Aに聞いた話。

そのAの高校時代の友人にBというのがいて、
(自分は違う高校に進んだが、Bの事は名前だけ聞かされて知っていた)
このBと、その彼女のC子が、幽霊だか何だかに取り憑かれたらしかった。
AがBから聞かされた話では、ちょっと意識が散漫になっている時、不意に耳元で呼び声がするのだとか。
続きを読む

SnapCrab_NoName_2023-1-26_10-11-25_No-00

214 :土着信仰:2009/06/22(月) 04:24:58 ID:tBdN5rFB0
俺の親の実家の墓には、明治以前の遺骨が入ってない。
何故かというと、その実家がある山奥の集落には独自の土着信仰があって、なかなか仏教が定着しなかったから。
というか、明治まで寺という概念がなかったらしい。
その『土着信仰』なんだけど、けっこう特殊な物だった。
とあるホラーゲームの影響で、俺は学校のレポートの題材にそれを選んだ。
そもそも土着信仰とは、
外界との交わりのない集落において発生する、集団睡眠が発展したようなものだと俺は思っていたから、
その『土着信仰』を信じてなかった。
正直霊的な物とも無縁だったから、この話を洒落怖スレに投稿する事になるとは思ってなかったけどね。

続きを読む
×